出産後に脱毛できる時期とは

出産したらすぐに脱毛サロンに行ける?行けない?

脱毛サロンでは、妊娠している間は脱毛してくれません。理由は妊娠中の身体的な負担を避けるためで、脱毛で使う機械が赤ちゃんに悪いから、というわけではありません。では、出産後どれくらい時間が経てば施術してくれるのでしょうか。
実は出産後、施術可能なタイミングは脱毛サロンによってまちまちです。あるサロンでは出産後2か月以降、また別のサロンでは生理が1回来た後、といったタイミングで来店可能な時期を示しています。つまり出産直後すぐにサロンに通えるわけではありません。

なぜ出産直後に脱毛サロンに行けないのか?

出産直後は身体や体質にいろいろな変化が起こります。ホルモンバランスの変化がその原因ですが、出産後の脱毛やだるさなど人によって長引く場合もあり、不安定な状態です。まずは身体が出産前の状態に回復してから施術を開始する方が、余計なストレスを身体に与えることがないため良いのです。目安としては生理が1回か2回来てからがベターですが、体調がすぐれない方はかかりつけの医師に相談の上、サロンに通い始めるのがよいと思います。

妊娠前に脱毛しておいた方が良い?

妊娠中の経験から、妊娠後にVIOラインの脱毛を希望する方が多くなります。その中にはそれまで脱毛に興味がない方も含まれますから、妊娠前に脱毛を考えておくというのもアリです。妊娠初期でも脱毛による痛みはストレスの原因となり、母体に良くありません。妊娠後期にはお腹も大きくなってくるため、サロンに脱毛を断られるかもしれません。計画的に脱毛する、というのはおかしな話かもしれませんが、妊娠前に脱毛しておくと良い面がたくさんあるのです。

妊娠・出産後にはなかなか脱毛できない

妊娠前の脱毛をおすすめするもう一つの理由として、時間とお金の問題があります。出産後は子育てに時間が追われます。授乳中は赤ちゃんを手放せませんし、保育園や幼稚園に預けるようになっても、なかなか自分の時間はとれません。子ども中心になるため、サロンの予約すら取れない可能性があります。費用については、そもそも脱毛に掛けるお金をどこからねん出するか、家計によっては大きな悩みのタネになると思います。そもそも子どもに掛ける費用も増え、自分に掛けられるお金は少なくなるのです。脱毛サロンに通う優先順位は低くなるでしょう。